「思い出を売る男」登場人物紹介その4

思い出を売る男の初めての客になるのが、街の女。劇中でははっきりと言及してはいないが、たぶん娼婦であろう。戦後の混乱期、女性1人で生きていくにはきれいごとだけではどうにもならない事もある。
すっかりヤサグレていた女に、ひと時の思い出をよみがえらせる。

画像


それはまだ若く幸福だった時代、恋人と将来を誓い合い、明るい未来しか見れなかったときの事。
しかし今ではもう全てを過去の中に置き去りにされ、決して手の届かない時間。
しかしそれは、小さなボタンの掛け違い、ほんの少し運命の環が廻っていたら、かなえられた事なのに、現実はそうはならなかった。それが、この女の悲劇であるのだが、男はただ思い出を見せるだけ。
全てを知っているのは、この劇を見ている観客だけ。
観客だけが神の視点で、物語の全てを俯瞰できるのだ。
だから劇中では余計な説明は無い。
だからこそ、見終わった後の余韻を楽しんでもらいたい。

<公演日程>
日時:12月9日(金)19:00 12月10日(土)13:30と17:30 2日間3回公演
場所:千葉市文化会館 小ホール
前売り:2,000円 当日2,500円
チケット申し込み:TEL 090-1817-9599 FAX 0436-36-9599
只今絶賛発売中。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック