都内公演です。

久しぶりの都内公演です。
5月に下北沢で行ったのは、歌と朗読のイベントだったので、
芝居は昨年のカメリアホールで行った、『銀河鉄道の夜』以来となります。
今回は市原で行った清水邦夫の戯曲2本立です。

画像


演目は、『朝に死す』と『楽屋』です。
内容は、同じ作者とは思えないほど、雰囲気の違う戯曲です。
『朝に死す』は、追い詰められた若い男女が
ヒリヒリした感情をぶつけ合う、二人だけの会話劇です。
一方『楽屋』は、劇場の楽屋に根付いた幽霊たちの
可笑しくも哀しい物語。

趣の全く違う作品世界を堪能して下さい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック