テーマ:朗読

ひがき順子語りの会

事後報告となりましたが、久しぶりの自主公演となります。 主宰の原島が亡くなって1年以上が過ぎました。 この間は個人的に、いろいろな方のお手伝いをしていましたが、 主催の舞台公演は、昨年の『父と暮らせば』の朗読劇以来です。 今回は以前も何度か共演させて頂いていた”ひがき順子”さんにお願いして、 7月8日にサンプラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再起動1回目

再起動1回目の活動として、8月1〜3日に五井会館で行われる、『原爆の絵展』のなかで、「父と暮らせば」の朗読劇を行います。 日時は、8月1日の13:30からで入場は無料なので、涼みがてらおいで下さい。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

”翔”再起動

 ご無沙汰しておりました。  主宰兼演出の原島氏の体調不良により、表だった活動をしていませんでしたが、 原島氏の体調も徐々に回復に向かっているので、今夏に活動を再開します。  以前と同じようには行かないかもしれませんが、市原における演劇活動の振興の一助を担っていきたいと思います。  活動の詳細は追って告知していきます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

制作舎 翔presents [演劇公演(朗読劇)~KIZUNA~]

昨年の『銀河鉄道の夜』に引き続き、都内公演第2弾です。 今回は、NPO法人日本朗読文化協会の後援を受け、二部構成で朗読公演を行います。 第1部は、吉川英治文学賞を昨年受賞された、宇梶静江さんの作品集のリーディング。 制作舎 翔の舞台ではお馴染みの出演者に加え、宇梶静江さんご本人にも出演してもら…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第23回公演

今週土曜日から第23回公演を、サンプラザ市原のアイスペースで行います。 11日は、「罠」と「さわよりよろしく」の2本立てで、13:00と18:00の2回公演。 どちらもテネシーウィリアムスの1幕劇だ。 「罠」は、ミシシッピィ州の田舎町が舞台となり、母娘の息の詰まる対立劇。 「さわよりよろしく」は、原作の舞台を日本の遊…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

東北関東大震災チャリティーコンサート

【鎮魂 いま、そして未来】のテーマで、震災1周年のチャリティ・コンサートを行ないました。 サブ・テーマとしては、『東日本大震災・福島原発事故 忘れない!』 第一部は“鎮魂 現在 未来”と題し、曹洞宗森巌寺梅花講のみなさんによる、御詠歌で幕を開けました。 続いて、以前のチャリティ・コンサートにも出て頂いた、TOMOK…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今出来る事、そして…

昨年8月に行なった「繋る絆」以来の、東北関東大震災復興支援チャリティコンサートを行う。 あの大震災から1年が過ぎた。 その間何が変わったのか。 それは、みんなが「自分にに何かできることはないか。」と、考え始めたことだろう。 阪神大震災の時の芽生えたこの思いは、昨年の大地震で、確実に育っていたことを実感させられた。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「思い出を売る男」登場人物紹介その3

さて、音楽劇といえるほど、劇中に音楽の入るこの芝居だが、もう1人生歌を披露するのが、G.I役とその恋人"金髪の"ジェニー。 恋人同士ということでデュエットです。しかもG.Iだから台詞も全て英語で、当然歌も、全部英語。 他の登場人物と違い、長台詞は無いが、英語の台詞と歌に感情をこめる事に大分苦心している。 しかもジェニー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公演終了、そして次は…

『銀河鉄道の夜』無事終了 1回のみの公演のため、客足を心配したが、思ったよりたくさんのお客さんに来て頂きました。 思えば、昨年1年間は「銀河鉄道の夜」に、ずっとかかわり続けてきました。 前田先生の個展に合わせて、仙台・岡山・再び仙台。そして市原での初演と、場所ごとに様々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『銀河鉄道の夜』都内公演

今年2月サンプラザ市原で上演した『朗読劇・銀河鉄道の夜』を10月20日に、再演することとなった。 場所は、都内江東区JR及び東武線亀有駅より徒歩2分の場所にある、カメリアプラザ5F「カメリアホール」。 <制作舎 翔>設立15周年記念公演として、初の都内公演となります。 ただ今、稽古真っ盛り。 一風変わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

支援コンサート第4弾『結ぶ絆』開催

6月25日、支援コンサート第4弾『結ぶ絆』開催しました。 オープニングは、宇梶静江さんの詩を4人で読む群読。 それから、朗読・セリフを挟んだバンド演奏・詩の朗読・ヒップホップ・アコースティクギター・クラシックピアノ・ジャズと、盛りだくさんのプログラムとなった。 ラストは「ふるさと」全員で…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

復興支援コンサート第4段『結ぶ絆』

前回の記事でも予告した、復興支援コンサート第4弾行います。 日時は、6月25日(土曜日) 13:30開場。14:00開演。 今回は、音楽をメインに、先日「吉川英治文化賞」を受賞した、宇梶静江さんの詩の群読等、6プログラム。心を癒す中山育美さんの、原画展も行います。 これだけ盛りだくさんで入場料は、1,000円。 みなさん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復興支援第3弾『絆の心』

前回から2週間、震災復興支援イベント第3弾、決定しました。 今回のテーマは幕の内弁当。盛りだくさんの内容で、和洋プロアマ何でも有り。 大体の流れは決めているが、当日まで細部は解らない。出たとこ勝負、飛び込み・ハプニング等もあるかもしれません。 何が起きるかは、見てからのお楽しみ。お代は見てのお帰り、何卒募金もよろしくお願いいた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仙台訪問

GWの初日、28日~30日まで仙田へ行ってきました。 昨年も行った、洋画家前田麻里先生の仙台三越での個展会場でのイベントのお手伝いです。 一年ぶりの仙台ですが、見た目はあまり変わらないように感じましたが、ちょっと路地に入ると、そこここに地震の爪痕が残っていました。 中心街のアーケードの中には、いくつかの垂幕があり、『がんばろう仙台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

募金結果報告

4月3日行なった、街頭募金及び朗読&歌声コンサート、ご協力いただき本当にありがとうございました。この日の募金は、133,734円集まりました。 賛同しながらも、時間の都合がつかないと、エールくれた方々にも、感謝をお伝えします。 今回は初めての募金活動でもあり、分からないことばかりでしたが、沢山の方の力が集まりました。本当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北関東大震災復興支援実行委員会IN市原

長い題名で恐縮です。最近のブログ記事を見返すと、肩に力が入りすぎていて、読み返すと気恥ずかしい限りだ。 芝居でもそうだが、力みすぎて良い演技が出来る訳がない。と、反省をまず行ない、朗読and歌声コンサートの報告。 4月3日、午前中は五井駅で募金箱を持って街頭でのお願い。前回更級日記にも出てくれた、国府小学校の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北関東大震災復興支援朗読&歌声コンサート

震災についての支援活動が決定した。 、 今回は、多くの方に参加してもらう為、実行委員会方式で行う。 これまでの制作舎 翔の活動や、今回の趣旨に賛同してくれている方が多く参加する。 今、社会は自粛ムードだ。これが本当にいいことなのか疑問は多い。確かに、被災地のことを思うと、お祭りムードではないのだろうが、人はいつまでも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次なるイベントは…

ひと雨ごとに春の足音が近くなってきましたね。 好評を得た『銀河鉄道の夜』に続けとばかり、原島代表の頭の中は、もはやおもちゃ箱をひっくり返すようにやりたいものがたくさんあるようです。 制作舎 翔の次なるイベントは、毎年恒例となった、春の飯給(いたぶ)ギャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本番終了!!!

『朗読劇 銀河鉄道の夜』終了しました。 いや、終わったのは1週間前なのだが、溜まった仕事に追われ更新が遅れてしまった。 2日間2回公演で、入場者数は約250名。 初めてのことが多く、始まる前日まで、どうなるか不安だったが、蓋を開けてみると多くの方に来てもらった。 本当に課題の多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初日終了。

あっという間に、初日の舞台終了。 今回は最初の段階から、かなりのリキがはいっていて、 一人ひとり、セリフ一つ一つに、ダメだしをされてはみんなへこみ、 だけど、練習を重ねるごとに、どんどん上手になっていくから、はたから見ていても気持ちが良かったですよ。 前田麻里さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日本番!

いよいよ、『朗読劇 銀河鉄道の夜』本番。 昨夜は、ギリギリまでゲネを行いました。 来てくれた方が楽しんでもらえると、何よりの喜びです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〈銀河鉄道の夜〉稽古中

〈銀河鉄道の夜〉ただ今全力で本番へ向け作りこんでいます。 今回は、市原市都市開発公社の主催ということで、本番と同じ会場を使った稽古が行える。 何時も稽古場所に四苦八苦する『制作舎 翔』にとっては、かなりありがたい。 おかげで、これまで仕込み当日まで場当たりが出来なかったが、 今回は、練習の時から舞台を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3か月間の経過

最後のUPから、はや3ヶ月。季節はすっかり秋になってしまいました。 この間も制作舎 翔の活動は、決して休止していたわけではなく、月に1度はイベントを行っていた。 以下にざっと紹介だけしておこう。 まず8月。 昨年も行った、『夏休み親子劇場』を6日~9日の4日間サンプラザ市原で開催した。 日替わりのプログラムは、6日第1部は、と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ギャラリー飯給」イベント

4月5日、昨年も行った制作舎 翔主催の「ギャラリー飯給」での朗読と歌による春のイベントを行った。小湊線の飯給駅は無人駅のため、地元の人々が協力して、様々なイベントを行っている。 普段は閑散としている飯給駅も、桜と菜の花の季節になると、様々な所からカメラマンあ集まってくる。 午前中は飯給駅構内で、カラオケ大会。60名以上の応募…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月からの活動予定

いろいろ忙しかった208年度も終わった。 まさしく、「幕の下りない舞台はない」ということだ。 そしていよいよ2009年度の幕開け。 とりあえず決定しているものだけでも列挙しておくので、 市内でも数少ない、市原在住演劇集団による公演を、 機会があれば(いや、機会がなくても作って)、是非観に来てください。 4月5日:ギャラリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洋画家 前田麻里リーディング集~星の夜に~

前田麻里先生の池袋東武で開催されている絵画展での、「ギャラリートーク&詩の朗読会」へ制作協力として、参加してきた。 制作舎 翔は今回、絵を買った方への特典CDの制作と、デパートでのイベントは、構成と音響として協力を行った。 東武デパートでのイベントは、舞台と違いフリーのお客さんを相手に、観客と同じ高さで行うことの難しさを感じた。…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

「夏休み親子劇場」終了。

制作舎 翔にとって初めての、いや市原市内でも初めての試みであろう、連続5日間6公演が無事終了した。 6日(水)に初日を迎え、5日間の日替わり連続公演で10日の楽日まで。 大変だとは思っていたが、実際やっていると思っていた以上に大変なことだった。 一日が終わると、その日の夜に翌日の仕込みを行い、当日の午前中にリハ、午後か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あなたに贈る物語

21日、井上よしこさんの朗読と音楽のコラボレーション「あなたに贈る物語」の公演日。 制作舎 翔は、第1部アンデルセン作『絵のない絵本』のスライド作成と操作で協力を行った。 井上さん作曲の音楽は、耳に心地よく、朗読者の声と相まって、脳にα波を発生させる。 ラストのピアノ曲は、制作段階から何度も聞いていたため、すっかりお気に入りに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朗読と小さなお茶会

先週の里見駅に次いで小湊線シリーズ、今週は隣の飯給駅でのイベント。 正確には、飯給駅のすぐ近くにオープンした、「ギャラリーいたぶ」での朗読会だ。 6日は日曜日ということもあり、飯給駅の周りは、桜と菜の花が満開で、朝早くからカメラを携えた観光客が大勢来ている。 午後1時からの朗読会のプログラムは、  樋口依子:清少納言作「枕草…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

『春の花祭り』に向けて

29日に行われる、『春の花祭り』に向けての練習を行う。 「朧月夜」の歌は、そのままでは短いので、演奏の井上さんに間奏で自由に遊んでもらうことにする。 前田麻里さんの朗読もだいぶ仕上がってきている。 演出の原島からは、細部にわたって直していくのだが、その中で最後の一言に特にこだわりをみせ、何度も自分で演じながら直していた。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more