アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
制作舎 翔
ブログ紹介
千葉県市原市を拠点とし、地域在住専門家集団(アートイン・レジデンス)として、主に演劇活動を中心に市原の歴史や文化を見直しながら、市民参加型の演劇やイベントを行い、地域文化芸術の振興を目的とします。
関わってきた作品
1998年 原島義治作「市原出身の勤皇志士・野城廣助序曲」
1999年 「結婚の申し込み」「たけくらべ」の上演
2000年 島穴神社にて「更級日記朗読劇と雅楽の演奏」を野外イベントとして開催
2001年 三島由紀夫作「班女」 ガーニー作「ラブレターズ」の上演
2002年 国分尼寺回廊にて、原島義治台本「音楽劇・更級日記讃歌」野外劇として上演
2003年 「声と言葉のリサイタル」を開催(年3回)  朗読ワークショップ(3ヶ月間)を開催
2004年 井上ひさし作「父と暮らせば」の上演
2005年 「音楽劇 更級日記ものがたり」を上演 (2002年の「更級日記讃歌」の劇場版)
2006年 大網白里市民ミュージカル『星をさがして』演出及び制作協力
2007年1月 ドラマリーディング『野城廣助―市原出身の勤皇の志士―』上演
     4月・8月『画家 前田麻里の世界』制作・演出(赤坂レッドシアター、市原市市民会館にて)
2008年2月 『声と言葉のリサイタル』を勤労会館YOUホールにて開催
     7月 音楽工房「妙」制作の「あなたに贈る物語」協力
     8月 i space(アイスペース)にて「夏休み親子劇場」を連続5日間6公演行う
     10月 i space(アイスペース)にて「しんしゃく源氏物語」「よの森あけねミニコンサート」2日間2公演行う。
11月 上総国分尼寺にて「野外音楽劇 更級日記」上演
      12月 「月崎市民の森」イルミネーション点灯式演出。
2009年 4月 i space(アイスペース)にて「演劇 はな」「朗読 おこんじょうるり」「よの森あかね新曲発表」上演。
6月 i space(アイスペース)にて「むぎLIVE」開催
      7月 i space(アイスペース)にて芝居「班女」、語り「黒塚縁起」上演
      8月 i space(アイスペース)にて「夏休み親子劇場」を4日間7公演行う
         ミネハハ『いのちの絆コンサートin市原』構成・演出    
      9月 洋画家 前田麻里の池袋東武個展朗読イベント協力
      10月 市民向けの演劇講座を開始(月2回)
 2010年 4月 i space(アイスペース)にて芝居「ロング・グッドバイ」、朗読劇「ラブ・レターズ」上演
      5月 洋画家 前田麻里の仙台三越個展朗読イベント協力
      7月 i space(アイスペース)にて芝居「おーい救けてくれ」を2日間3公演行う
          ENISHIによる「皆歌〜絆」のCD発売
      9月 i space(アイスペース)にて芝居「結婚の申し込み」を2日間3公演行う
      10月 i space(アイスペース)にて芝居「楽屋」を2日間3公演行う
      11月 千葉県観光大会の特別公演として「更級日記」を市民会館大ホールにて上演
          市民の森にてENISHIライブをバックアップ
      12月 洋画家 前田麻里の岡山県天満屋デパート個展朗読イベント協力
2011年 1月 プラザホールにて『朗読劇 銀河鉄道の夜』2日間2公演行う
      4月 東北関東大震災支援街頭募金&朗読コンサート協力
以後、1年間で6回開催。
5月 洋画家 前田麻里の仙台三越個展朗読イベント協力
 第二弾・東北関東大震災支援街頭募金&コンサート協力
2011年 8月 「原爆の絵」展イベント協力
     10月 カメリアホールにて『朗読劇 銀河鉄道の夜』再演
     12月 千葉市文化会館小ホールにて『思い出を売る男』2日間3公演実施。
2012年4月 江戸資料博物館ホールにて朗読イベント『京ことばの世界』構成・演出

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
再起動1回目
再起動1回目 再起動1回目の活動として、8月1〜3日に五井会館で行われる、『原爆の絵展』のなかで、「父と暮らせば」の朗読劇を行います。 日時は、8月1日の13:30からで入場は無料なので、涼みがてらおいで下さい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/07/05 22:43
”翔”再起動
 ご無沙汰しておりました。  主宰兼演出の原島氏の体調不良により、表だった活動をしていませんでしたが、 原島氏の体調も徐々に回復に向かっているので、今夏に活動を再開します。  以前と同じようには行かないかもしれませんが、市原における演劇活動の振興の一助を担っていきたいと思います。  活動の詳細は追って告知していきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/07 10:25
台風の中公演終了
台風の中公演終了 大型台風が関東に上陸する日を挟んだ本番が終了しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/10/19 12:21
公演詳細
公演詳細 前回の記事に、演目だけで公演の詳細を載せていませんでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/02 20:10
都内公演です。
都内公演です。 久しぶりの都内公演です。 5月に下北沢で行ったのは、歌と朗読のイベントだったので、 芝居は昨年のカメリアホールで行った、『銀河鉄道の夜』以来となります。 今回は市原で行った清水邦夫の戯曲2本立です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/27 20:46
久しぶりの芝居公演
久しぶりの芝居公演 年末と5月に朗読と歌のイベントはおこないましたが、久しぶりにお芝居の舞台公演です。 『朝に死す』と『楽屋』という、清水邦夫作の1幕劇2本立てです。 同じ作者でありながら、テイストが全く違う舞台ですが、根底に流れるテーマは、共通しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/21 16:38
制作舎 翔presents [演劇公演(朗読劇)〜KIZUNA〜]
制作舎 翔presents [演劇公演(朗読劇)〜KIZUNA〜] 昨年の『銀河鉄道の夜』に引き続き、都内公演第2弾です。 今回は、NPO法人日本朗読文化協会の後援を受け、二部構成で朗読公演を行います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/11/07 13:17
千葉県の未来を担う作家展『華開く』〜5人の華(え)の、ものがたり。〜
千葉県の未来を担う作家展『華開く』〜5人の華(え)の、ものがたり。〜 制作舎 翔presents 千葉県の未来を担う作家展『華開く』〜5人の華(え)の、ものがたり。〜を開催します。 私たちの、新しいチャレンジです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/10/26 18:03
第23回公演
第23回公演 今週土曜日から第23回公演を、サンプラザ市原のアイスペースで行います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/08/08 14:37
東北関東大震災チャリティーコンサート
東北関東大震災チャリティーコンサート 【鎮魂 いま、そして未来】のテーマで、震災1周年のチャリティ・コンサートを行ないました。 サブ・テーマとしては、『東日本大震災・福島原発事故 忘れない!』 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/10 15:57
今出来る事、そして…
今出来る事、そして… 昨年8月に行なった「繋る絆」以来の、東北関東大震災復興支援チャリティコンサートを行う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/03/07 12:16
今年は……
今年は…… 早いもので、2012年も1ヶ月過ぎました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/02/04 15:49
幕は降りる……
幕は降りる…… 様々なアクシデントに見舞われながらも、「思い出を売る男」の幕は下りました。 いつも舞台は、出演者・スタッフの総力戦なのですが、今回は特に全員が力いっぱい戦ってくれました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/12/18 21:55
「思い出を売る男」登場人物紹介その5
「思い出を売る男」登場人物紹介その5 多少のトラブルはありましたが、初日の幕が開きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/10 10:04
「思い出を売る男」登場人物紹介その4
「思い出を売る男」登場人物紹介その4 思い出を売る男の初めての客になるのが、街の女。劇中でははっきりと言及してはいないが、たぶん娼婦であろう。戦後の混乱期、女性1人で生きていくにはきれいごとだけではどうにもならない事もある。 すっかりヤサグレていた女に、ひと時の思い出をよみがえらせる。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/07 19:04
「思い出を売る男」登場人物紹介その3
「思い出を売る男」登場人物紹介その3 さて、音楽劇といえるほど、劇中に音楽の入るこの芝居だが、もう1人生歌を披露するのが、G.I役とその恋人"金髪の"ジェニー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/07 14:16
「思い出を売る男」登場人物紹介その2
「思い出を売る男」登場人物紹介その2 登場事物紹介、第2回目は「花売り娘」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/12/05 00:09
「思い出を売る男」登場人物紹介その1
「思い出を売る男」登場人物紹介その1 稽古も佳境になってきた、〈制作舎 翔〉第21回公演『思い出を売る男』ですが、何回かに分けて役者陣に役柄について語ってもらうことにしよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/03 01:19
「思い出を売る男」について
「思い出を売る男」について この『思い出を売る男』は、「劇団四季」創設に多大なる影響を及ぼした、フランス文学での日本の第一人者である加藤道夫さんの作品で、劇団四季も過去から幾度となく上演している。 一昨年と今年も上演をしており、主宰の浅利慶太氏の原点でもあるような作品といえます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/27 20:52
思い出を売る男
思い出を売る男 今年最後の公演です。 演目は  加藤道夫作 「思い出を売る男」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/17 23:45

続きを見る

トップへ

月別リンク

制作舎 翔/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる